新卒フリーランスライターの成長過程を記すブログ 田中將介(^^)

新卒フリーランスライターの成長過程

おもしろいことは言えません。 しかし、誰かがおもしろいことを言ったことに対しては、ものすごい勢いで笑います。本当はフリーライターじゃなくてフリージャーナリストって言いたい。そんな人間です。

Facebookに自分の記事をアピールすることについて

毎回載せるのはいちおう自慢して、アピールのために書いているわけだけど、なんかせっかく相当の時間を費やしているから、読んでほしいけど読んでもらわなくても、自分の成果を発表することで、自分がホッとしたい、安心させたいという意味がある。

 

別にアピールしたくないけど、見せているつもりはないけど結果的には見せているので、自分の発信が、誰かしらを苦しめるということは、非常に敏感に感じている。なぜならば、それはまさに自分が通ってきた苦しんできた道であるわけで。


先日書いた記事が、1週間で1000万PVを超えた。たしかによく読まれることは嬉しくないといえば嘘になるが、じゃあこの世の中のためになるようなものだったかといえば、そうではないと思っている。むしろ自分が嫌いなタイプの記事だ。でも、僕はやった。なぜなら、自分が伝えたい記事を書くために、今の自分の実力では、そのプロセスとしてどうしても通らなければいけない道だったから。その反響は個人的な攻撃となり、毎日毎日くっつき虫が現れる。そのSNSを思い切りアンインストールしたくなったがやめた。基本的に、通知がくるのはわずらわしくてたまらない。

 

とはいうものの、どうしても伝えたいことがある、というのは後付けだ。
特段、書くことは好きか嫌いかと言われれば好きというレベルだし、死んでも伝えたいことがあるかと言われればまだ自分の場数や経験が足りていない。でもあるかないかで言われれば間違いなくある。
書いたり作ったり撮ったり編集したりというのは、単なる自分の武器にしかすぎなくて、たまたま今その道を歩んでいただけで、一生書き続けたいとかそんなのは億劫でしかない。


何が好きかと言われれば、そりゃたくさん好きなことはあるけれど、その時々で変わるし、説得するためだけのうわっつらな言葉を持ちたいわけでもなくて、その道がずれているとか間違っていると思われようがそんなのどうでもいい、と踏み切れるほど、そんなに強くない。


ただ1つ言えることは、昔かっこいいと思っていた人はどんどんダサいと思うようになったり、またその逆もある。
西野さんインタビューで思ったけど、かっこいい人に憧れて、その人を目指していきたいし。


そういうわけで、別にジャーナリズムがどうとか、人権を振りかざす必要なんてなくて、自分ができることに固執する必要もなくて、思い切りめちゃくちゃなことをやってみて、その人がダサいと思えばその道を目指す人は増えないし、ダサいなと思えば、その時点では会いたいとは思わないし、結局そうやって全てがなんとなくで、人間関係も仕事も決まっていくものだと思うので、別になんでもいいや、どうでもいいや、というスタンスで、人生生きれたらなと思う。

 

まあ死にたいと思たら死ねばいいわけだし。他の人にはそう強要はしないけど。諦めて恥ずかしさを隠して何かにすがりついてごまかそうとしながら正義を押し付けるのはさすがにもうださい。

暴力には花束で対抗したい

凝り固まった頭で発信を繰り返す人たちを見ていると、がっかりする。

暴力には暴力で対抗する。

日本では、ほとんど言葉だけど。

身近には、身体の暴力もあるか。

 

子供VS大人が暴力で戦えば、当然大人が勝つ。

だから、その戦略は使わない。

大人の暴力に子供が花束で対抗すれば、勝ち負けじゃなくなるのかもしれない。

 

一緒に、社会をよくしていこうではないか。

 

もう、長く生きた、知識も経験も兼ね備えた大人たちの議論に待っているものは、

しがらみと、マウンティングの応酬と、暴力と暴力のぶつかり合いだと思う。

 

だって、つたないことをいっていたら、言いたくなるもん。

「お前は馬鹿か、違うぞ」と。

それが人間で、それが大人の愚かさと弱さ。

そうなることは自分でもわかっているから、このタイミングでこれまでとは違う変化が起きたらいいと思う。

書く仕事がしたい、こんな取材がしたい、と言い続けてたら人生終わるよ

「五輪取材をしたかったのに、会社での担当が変わってしまって、遠ざかってしまった・・・」という人がいた。

あほらしい。

そんなに行きたいのであれば、自費で行ってくればいいではないか。まあ会社での仕事が忙しいよね。どんどん先にいっちゃうよ。

 

「結婚したから会社はやめられない。だから書く仕事は休日にやる」

書く仕事がやりたいのに、会社で違うことをやっている。

あほらしい。

書きたいなら、書く仕事につけばいいじゃないか。まあ、結婚っていろいろ相手の思いとか考えちゃうよね。毎日、フリーで書き続けている私。どんどん先にいっちゃうよ。

 

結局、こうしたことって僕が偉いとかではなく、

本当に覚悟をもって、自分のやりたいことに挑戦しているか、ということ。

24時間そのことを考え続け、やり続け、編集部に貢献し続けている人間が勝つに決まっているじゃないか。

 

正直、今の僕は忙しい。だから、昔より圧倒的に原稿の質が落ち、企画の質が落ち、人生がクリエイティブじゃない。

 

圧倒的に余裕が必要だ。

韓国・平昌五輪を取材してみて

平昌に行くと決めたのは、確か1月後半〜2月前半だった気がする。

オリンピックが始まったのは、2月9日だから、本当に直前。

 

それでも安い航空券とあまり安くない宿泊ができた。

詳しくはこちらの記事で。

dot.asahi.com

ホテルが高いので心配をしていたが、許容範囲であった。

 

 

今のところ、アップした記事は3つほどであるが、コメント欄があまりにひどい。

ある程度はスルーしているのだが、やっぱり笑えてくるのは、

売春婦しかいないだろ、とか、朝日なのにこの記事って相当オリンピックやばいんだな、とかいうコメント。

事実と全く違うことをたくさんかかれていて、呆れた。

 

何がいいたいかというと、僕はあくまでフリーランスであって、

会社のお金で行ったわけではないということ。

だから、なんでこんな宿泊まるんだ?とか、会社から金出てるんだから、捏造記事だろとか、そういった類のコメントはお話にならない。

 

自費で全て自分で責任もって取材をしてくる。

この決断をできたのが我ながらあっぱれだった。

西野さんのインタビューでも、本でも、たくさん出てくるのだが、

お金を先にもらう必要などなく、あとからついてくるものであるということ。

 

dot.asahi.com

 

dot.asahi.com

 

会社からお金が出ないから行かない、とか、会社が担当にしてくれない、とか、

もし自分がサラリーマンなら言いそうだ。

でもそうじゃなくて、まずは自腹を切って、現場にいく。

 

それを伝えたら、

「うちで書いて!」と言ってくれる優しい人がいた。

こうして、今回、雑誌とネットに記事を寄せることができた。

 

確かに、ブログ記事のようなものかもしれないが、

選手の結果だけではなくて、周辺のありのままの平昌周りを伝えることも必要なことと思う。選手の結果なんて、1つのメディアが報じればいいのだから。

 

こうしてみると、改めて、まず自分が行って、実績の残してから、というのが先決で、

少しは信用が高まったかな?なんて思う。

その分、いっぱいミスもしたし、いっぱいだめだめで、もしかしたら信用落としているかもしれないけれど、それは仕方ない。やってみた結果だから。

 

正直言って、プレスパスがないから、本当に、本当に、大変だった。

どこにも入れないし。

でも、他の記者の人もそうだといっていた。

プレスの枠が決まっているからだ。それでもチケットをとって、周辺を取材して、

意味のあることを伝えている記者もいる。あんなに寒くて、つらくて、死にたいと思うのに、それでも深夜まで取材をして、トップ記事になってかなり読まれていたのだと思う。知人の高野さんの記事。本当に尊敬する。

digital.asahi.com

 

 

ああ、そういえば、僕も、テレビ局のようにチームプレイではないし、全て自分で手配しないといけない。もちろん車もないし、どこから入場したらいいのかもわからない。

別に会場だけに行く必要もないし。

ということで、全く決まっていないルートだったため、泣きたくなった。

もう歩けない・・・。もう帰りたい・・・。そんな気持ちになることがしょっちゅうであった。ここはどこ?こんなとこにきた記者なんていないよな・・・。

とか。

テレビ局のアナウンサーとかは、別に批判するわけじゃないけど、

絵だけとれればいいから、ちょっと出てきて「いま、◯◯が◯◯になっています」っていうことだけを伝えればそれでいい。

 

そんなの、誰でもできそう・・・。ごめんなさい。

 

真実に近づくことはできないんだ。と、上辺だけのメディアを見ていると思う。

当事者を追いかけまわすにも限界がある。

だから取材しやすい市民を追いかけ回すしかない。

 

 

総括すると、相当疲れた。疲れたしか出てこない。

絶望と愚痴しか出てこない。

「寒い」「チケットが高い」「対応が悪い」

冬季五輪の厳しさを痛感した。

二箇所の会場の場所も相当離れていたし。

 

だけど、こんな愚痴ばっかり言っていても仕方ない。

皆、それぞれ葛藤を抱えて、あーだこーだ言いたい中、それぞれが頑張っている。

それを認めあえたらと思っているから。

headlines.yahoo.co.jp

 

dot.asahi.com

 

ざっと振り返ってみよう。

7日の夜に到着。空港に泊まって翌日早速平昌入り。正確に言えば、もう一つの会場がある、江陵入り。宿をそこにとっていたため。

宿につくと、誰もスタッフがいないため、荷物を置いて、早速オリンピック会場まで向かう。なぜだか、歩いて向かってしまい、ひいひい言いながら到着するも、会場の中には入れず、特に何もない。チケット売り場でも、入場できるのは始まってからだとも言われる。そのときカーリングのチケットでも買っておけば、1つは競技が見れたのに。

その後、平昌五輪、開会式の会場に向かう。

いろいろとぐるぐるまわるも、こちらもまたほとんど何もない。

とにかく寒さが異常であった。そして、シャトルバスも見当たらない、ボランティアスタッフもいないでさんざんな状況。

戻って、北朝鮮の楽団が演奏を行う会場で、つきっきりで取材。

五輪用のではなく、自分のプレスパスでくぐり抜けられた。とてもラッキー。

だから、取材ができた。といっても、あまり必要なかったかも?

初日に、メモ上げしないと、どうしても雑誌の入稿に間に合わなかったので、

相当動き回って、探し回った。

なんとか無事記事になったけど、いまいちだった気もする・・・。

うーん、難しいなあ。取材内容を探すの。

カンボジアを思い出した。いざ現地にいってはみるものの、別に選手のインタビューなんてしないから、とにかくネタを見つけるために、探すしかない。

そしてネタが見つからなくて、どこにいこう、なにをしようとなる。

 

カンボジアはあつすぎて、外出れない、平昌は、寒すぎて、外出れない。

 

SNSで、現地の人に聞いて、とかでなんとかなった。

特に今回は友人の韓国人には、本当に取材で助けられた。感謝。

 

翌日は、夜、開会式があったので、日中はゆっくり。

にぎわっていたカフェにいて、午後から、平昌へ。

 

あまりの寒さに、開会式途中で江陵へ帰宅。チケットもなかったし。

8万円だったし。

 

翌日、10日、ようやく会場内へ。2000ウォンで午前中に入り、午後もう一度買おうとしたら売り切れ。安倍首相とかもきていたから非常に残念。

午前会場に入ったあと、いろいろとシャトルバスで、メディアセンターや、市場をまわった。市場は庶民の生活を感じていいね。

アートセンターのチケットももらったが、結局いかなかった。

で、帰った。

 

11日、起きてからまずはカフェに。めっちゃ歩いた。ビーチ見ながら。

そこでメモをまとめたあと、午後、会場のチケット買おうと思ったら14時の時点でまたも売り切れ。どうなってんだまじで。お土産かえないのは機会損失すぎる。

困ったので、アートセンターにいった(笑)

そして、意を決して、ソウルに向かう。平昌とは別れを告げた。

ソウルで友人と夜ご飯。

 

12日、ソウルで慰安婦像やら、その他諸々、国内の中心地をまわった。友人のアテンドで。そのまま空港に向かい、宿泊して、朝帰国。

 

もう、へっとへと。毎日深夜2時まで起きていろいろしていたし、空港泊はつかれるし、寒いし。

 

とりあえず、振り返り疲れたので(笑)

もうちょい真面目に書くのは後日にしよう、そうしよう。

今日帰ってきたので、いろいろと後回しになって、現実から逃げ出してる。

疲れたから。疲れたっていい過ぎるから疲れるのか。

そんじゃーね!