どこまでもまっすぐに 田中將介(^^)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どこまでもまっすぐに 田中將介

おもしろいことは言えません。 しかし、誰かがおもしろいことを言ったことに対しては、ものすごい勢いで笑います。そんな人間です。Twitter:@ethicalmasa

戦略的読書術のすすめ

すぐに参考にしてもらえる、『本の選び方・読み方』
 
①戦略的な本の選び方のポイント
□自分が専門性を高めたい分野を2つ~5つくらいまでに絞り、
その分野の本を中心に読書をする(専門分野は、自身の興味で構いません)
□著者を確認し、その分野において確かな実績のある人物なのかをチェックする
□良い本に出会ったら、その本の参考文献を確認する。
その中から、関心のあるテーマについてさらに詳しく学べそうな本を探してみる
□英語が得意な方は、洋書にチャレンジする
(多くの分野について、海外の方が研究が進んでいることが多いため)
 
 
②戦略的な本の読み方のポイント
□本の目次に目を通し、得たいことや読む目的を明確にする
□著者と対話をするつもりで読み進める(読みながら疑問点を考える)
□常にアウトプット(活用方法)を意識しながら、情報を取り入れる
□本に書いてあることをいちいちメモしない
□メモを取るのは、具体的に行動すると決めたことのリストだけ
 
最後に、「そもそも、なぜ人は本を読む必要があるのか」について。
本を読むことには、『専門知識を高める』・『気持ちを高める(モチベーション維持)』
『価値観を広げる』・『集中力を高める』などのメリットがありますが、
読書をする意味としていちばん重要なのは、【意思決定能力を高めること】です。
人生とは、あらゆる意思決定の連続です。
つまり、今日どんな意思決定をするかが、明日の未来を創り出している―
そして、人は自分が持っている知識とその組み合わせを元にして、
都度、最善と思われる選択をしています。
だからこそ、良い知識を蓄えなければ、良い意思決定もできず、良い未来も創れません。
自分にとっての一番良い意思決定を。