どこまでもまっすぐに 田中將介(^^)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どこまでもまっすぐに 田中將介

おもしろいことは言えません。 しかし、誰かがおもしろいことを言ったことに対しては、ものすごい勢いで笑います。そんな人間です。Twitter:@ethicalmasa

最初に働く場所なんて気にしなくていいんだ 就活で全部だめならニートでいいさ

新卒なんて気にするな

いやいや、ばりばり気にしますよ。むしろそれが人生を決めるでしょ。
誰よりもそう思っていた僕なのだが、チキリンさんの記事を呼んで、元気もらいました。笑
最初に、「大学が一流でも三流でも、35才の時にイケてる人材になれる可能性は変わらない」と書きました。
その理由は、大学が一流であればあるほど、それらの能力が身につき“にくい”組織に就職できてしまうからです。
らしいです。まあ、僕は組織にすら属すことができませんでしたけれども。笑 最近、ようやくネタにすることができてきました。就職活動で苦しむ仲間たちよ、がんばろうではないか。まあ、僕はもうしていないけど。笑
 

就活なんてやめても大丈夫だよ

 

tokunoriben.hatenablog.com

 

過去記事から発見。

面白いですね。

 

社会は、いろんな方向から持論を引っさげて偉そうにぎゃーぎゃー言ってくる大人たちに溢れています。

もちろん、私もそのうちの一人です。

その中で、「ああ、それは1つの意見だな」と上手く受け止めることの出来る人になってほしいと思います。

 

それは、自分の中で「譲れないもの」を発見してください。

そして、自分の選んだ道を正解にする。そう思えば、

どんな意見がきても大丈夫です。

 

もしどんぞこに陥ったら私のとこへ一通連絡ください。

私も死にたくなったことがあります。

体調も崩す毎日でした。

 

でも、悩みながら、結局就職せず、気持ちのよい心持ちで過ごせています。

頑張れ、就活生!

 

最後に、共感した記事の最後のメッセージでさよなら〜

 

結局のところ、広く社会通念がはびこるところというのは、めちゃくちゃ儲かるのだ。

就職だけではない。
受験、結婚、住宅、投資、保険、葬儀etc

こうでなければならない、こうなりたいという強迫観念が、あなたの判断力をねじまげる。

そして、社会通念に異を唱えるだけで、注目度が集まる新参者にとっても格好の市場でもある。

自分の判断軸を持っていない人間は、必ず搾取される。

それが人生の早い段階で気がつくか、遅い段階で気がつくのかどちらが幸せかは、わからない。

答えはこれからの自分で見つけてください。

ということで明日も就活生の皆様、頑張ってください!!!!!!