どこまでもまっすぐに 田中將介(^^)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どこまでもまっすぐに 田中將介

おもしろいことは言えません。 しかし、誰かがおもしろいことを言ったことに対しては、ものすごい勢いで笑います。そんな人間です。Twitter:@ethicalmasa

負債と借りと資本主義 「借りの哲学」ナタリー・サルトゥー=ラジュ

負債と借りと資本主義

 

 

 

感謝とは愛の気持ちから何かをしてくれた人に対して同じことをして返したいという気持ち。すなわち愛したいという気持ちである。
感謝の気持ちというものは喜びをつうじて最終的に愛へと高まっていくものである。
また感謝の気持ちがあれば愛は相手があれをしてくれないこれをしてくれないと不足を訴えるようなことはない。相手に与える喜び、相手から与えられる喜び、相手と共有する喜びで満たされる。
 

私たちの持っているもので、人から借りていないものがあるだろうか?

 

「借り」を軸に『聖書』『ヴェニスの商人』『贈与論』などのテクストを読みなおし、「借り」の積極的価値を考察する。資本主義再考の基本文献、待望の翻訳。

 

 
 

借りこそはよりよい社会を作り上げるための基礎になる

 

借りという概念への注目それ自体も興味深いものだが、より興味深いのは本書がこの概念を積極的な意味で評価しようと試みている点である。借りはしばしば否定的な意味で受け止められる。借りは人に返済の義務を負わせ、義務は人を縛る、と。しかし、借りこそはよりよい社会を作り上げるための基礎になるのではないか、というのが本書の問題提起にほかならない。(解説より)

 

目次▼

はじめに――《負債》から《借り》へ

借りたものを返せないと奴隷になる

《負債》と資本主義

《借り》と資本主義

《借り》の概念を復活させる

《借り》を肯定的に捉える

《贈与》と《借り》の関係

臓器提供の話

自分には《借り》があると思うことの効用

 

1章 交換、贈与、借り

『ヴェニスの商人――人間関係が持つ複雑性』

《贈与》と《負債》が同一の軌跡をたどるとき

《本当の贈与》とは何か?

キリスト教における《負い目の論理》――ニーチェの考え

原始経済における《負債》の理論――モースとニーチェ

モースの『贈与論』

《贈与交換》を取り入れた社会

ニーチェの『道徳の系譜』

《贈与》と《交換》と《借り》の関係

家族における《貸し借り》を共同体が引き受ける

貨幣経済をもとにした資本主義――「《等価交換》《負債》」のシステム

金融市場を通じた《負債》の増大

《借り》を大切にする社会

《借り》のシステムと政府の役割

 

2章 《借り》から始まる人生

タラントのたとえ話

神から与えられた才能は世の中に返さなければならない

《借り》と支配

ブドウ園の労働者のたとえ

《生まれながらの借り》

《義務》は物質的な《負債》から生まれた――ニーチェの考え

物質的な《負債》は《義務》から生まれた――バンヴェニストの考え

負債の神学――マラムーの考え

同時代に生きている人々に対する《借り》

家族における《借り》

母と子の関係

ソロモン王の裁判

父と子の関係

サンタクロースの贈り物

家族における《貸し借り》の問題

《借り》と《罪悪感》

ナチスの罪と《罪悪感》

人間は罪を犯しやすい

《返すことのできない借り》――メランコリーと強迫神経症の場合

《象徴的な返済》と《想像的な返済》

《借り》と《責任》

レヴィナスにおける道徳的責任

《他者に対する責任》と《生まれながらの借り》のちがい

《借り》は《責任》の大きさを限定する

《借りの免除》――「赦し」の問題

どうしても赦すことのできない《罪》をどうするか?

「正義」と「赦し」――ニーチェの考え

「赦し」の実体――慈悲の心と感謝の気持ち

スピノザにおける感謝の気持ち

キリストの愛

現代における《借り》とその免除

 

3章 《借り》を拒否する人々

ドン・ジュアン――《借り》を拒否する人生

《借り》を認めない

自分としか契約を結ばない男

肥大した自己愛

《借り》から逃走する

空虚な内面

個人主義と《借り》の否認

「革命」と「自由」の矛盾した関係

仮面の個人主義

《借り》から逃げることの悲劇

薬物嗜癖と《返すことのできない借り》

現代人と騎士の石像

ドン・ジュアンの末裔たち――自律した人間(セルフ・メイドマン)から機会主義者(オポルチュニスト)

自律した人間(セルフ・メイドマン)――《借り》を認めない人々

全能感という幻想

機会主義者(オポルチュニスト)――《借り》から逃走する人々

人間の部品化

逃走者の自由

人間は《借り》から逃げつづけることはできない

 

おわりに――《借り》の復権

《借り》の負の側面

《借り》の正の側面

《返さなくてもよい借り》

新しい自分を目指す

解説

借りに満ちた世界、そして……