どこまでもまっすぐに 田中將介(^^)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どこまでもまっすぐに 田中將介

おもしろいことは言えません。 しかし、誰かがおもしろいことを言ったことに対しては、ものすごい勢いで笑います。そんな人間です。Twitter:@ethicalmasa

阪神淡路大震災から20年が経ちました

今も悲しんでいる人がいる。
各種マスコミは最近頻繁に報道していますね。
まさに今日、1月17日に大震災が起きました。
私は当時2歳でした。今でも兵庫県にあるおばあちゃんちには生々しい現場の様子がそのまま残っています。がれきがあったり、壁が崩壊していたり。
母からそのときの様子を聞きました。気が気でなかったかと思います。なぜなら7日間ほど電話がつながらなかったというのですから。阪急伊丹駅は駅が潰れました。そのすぐ隣の駅はおばあちゃんちの最寄り駅です。
私のおばさんは、九死に一生を得ました。本棚と本がカーペットのおかげで後ろに倒れてくれました。そのため助かりました。大好きなおばさんがいなかったら世界がまた変わっていました。
それだけひどかった阪神大震災の記憶は全くありません。だから実感がわかないといったところが本音でしょうか。けれどもそのまま事実だけ知ってのうのうと生きていていいかと言われると答えはノーです。
同じ過ちを繰り返したくはありませんから。
関東に来る大地震の確率が最近上がったようです。
果たして準備はどれくらいできているでしょうか。私はゼロです。死ぬのは嫌です。もちろん。笑
けれども対策しようという行動をおこせません。最低限のことくらいしかしていません。
結局、何が言いたかったかと言われたらよくわかりません。笑
20年という事実から、何か考えて、書いてみたかったんです。
ただここまで書いてきて少しわかったこと。
結局は当事者意識がないとダメなんです。
今も仮設住宅に暮らす人のとこにいかないとわからないんです。
大学に入って、本当に大切なことを、いっぱい学ばせてもらった気がします。
価値のある時間です。
だから、今が苦しくても、投げ出したくなっても、決して逃げない。精一杯苦しむ。
そしてやりきって、結果をゆっくり待てばいいと思います。
センター試験、今日が初日です。僕にとっていつもと変わらない1日ですが、受験生にとっては特別な日。目一杯楽しんできてください。頑張れ。