新卒フリーランスライターの成長過程を記すブログ 田中將介(^^)

新卒フリーランスライターの成長過程

おもしろいことは言えません。 しかし、誰かがおもしろいことを言ったことに対しては、ものすごい勢いで笑います。本当はフリーライターじゃなくてフリージャーナリストって言いたい。そんな人間です。

蔦屋書店(家電)二子玉川店に朝から行ったらPC禁止で絶望した

二子玉川。

きれいな奥さんが集う場所。僕にとっては天国である。

そんなことより、僕は今日、二子玉川で友人と夕方から会うため、蔦屋家電・書店に足を運んだ。昔付き合っていた彼女と一緒に行った以来である。

 

蔦屋書店は、代官山などにもあり、スターバックスが必ず併設されており、皆フリーランサーやエンジニアと思われる人々はせっせとキーボードを叩いている。

 

ところがである。

二子玉川店は、土日祝日、PCが禁止なのである。これを知らなかった私は絶望した。

PCとコンセントがなければ、私は動かないのである。

しかし、キョロキョロあたりを見回すと、数人、PCを開いている。

これはと思い、おもむろにバックから、PCを取り出し、キーボードを叩き始めた。

原稿を書くために、文字に起こされた文章を再構成し直し、ちょうどのってきたところで、警備員さんがやってきた。

「書いてあるの読めますか?禁止なんです」

と、その言い方がちょっと気に食わなかったので、わかりましたといいつつ、しばらくPCを開いていたら、もう一度やってきた。

「あなただけ許してしまうとほにゃらら」と、鼻につくような言い方だったので、

少し怒ってしまった。

「書類の保存とかあるんで、ちょっとまってください」とキレ気味に言うと、

その人も、ものすごい至近距離で、その場を立ち去ろうとしない。

我慢比べだ。というほどの時間もたたず、僕はわかりましたよとPCを閉じた。

すると、その警備員は、どこかに立ち去った。

 

自分が悪いのはわかっている。でも不機嫌になる自分もいる。

ごめんなさいとも思わないけど、ごめんなさい。

 

もうしばらく、いくことはないだろう。

平日に行くことをおすすめする。

 

その後、3年近くぶりの友人たちに会った。

けらけら笑った。

 

いつも、1人で孤独に、そして苦しい作業しているものだから、

カフェで爆笑する人々を見て、

ああ、この人たち楽しそうだな。今が楽しければいいんだろうな。

と、「自分仕事がんばってます」意識でかっこつける自分がいるのだが、

逆もまたしかりで、

今日のように、自分も友人といるときは爆笑して、いらつくほど笑っている顔をしているんだろうなと思う。

友人4人で、スタバで、恋やら結婚やら、大声で話している。

自分が1人のときに一番いらつく、人を卑下するような目でみるその人は、まぎれもなく自分なのである。

 

「自分だけ」と思うことほど、虚しいことはない。

自分は被害者ではなく、加害者である。加害者になりうるのである。

 

そのことを忘れて、他人に怒りを押し付けるのだけは絶対にやめたいし、そう考えられる客観性を持ち続けたいと思う。