新卒フリーランスライターの成長過程を記すブログ 田中將介(^^)

新卒フリーランスライターの成長過程

おもしろいことは言えません。 しかし、誰かがおもしろいことを言ったことに対しては、ものすごい勢いで笑います。本当はフリーライターじゃなくてフリージャーナリストって言いたい。そんな人間です。

原稿に追われるということはどういうことか

来る日も来る日も、出口が見えない。

これが記者の実態だと思う。

特にネット記事だとそうだ。

締め切りはない。常に取材し、常にネタを仕入れ、常に書かなければならない。

こうして毎日がベルトコンベアのように流れていく。

そんな日々を昨年末から実感している。

それでもやる理由。

それは、私が昔から願いに願っていたことだから。

きちんとした媒体で、きちんとしたことを書く幸せを願っていた。

きちんとしたことを書けているかは不安ではあるが、

媒体の威力は計り知れない。

 

最近取材した記事のPV数は、だいたい400万。

ヤフーニュースのトップにきて、CMがなくなったり、社会現象を起こせたりした。

たった少しのキーワードが変わるだけで社会はぐらっと動いた。

 

それだけ、信頼のある媒体でもかけている。

それでも、僕はまだまだ貪欲に進む。もっと社会を良くするのだ。

 

原稿に追われることはつらい。なんという贅沢だろうか。