どこまでもまっすぐに 田中將介(^^)

ethical journalism magazine 

おもしろいことは言えません。 しかし、誰かがおもしろいことを言ったことに対しては、ものすごい勢いで笑います。そんな人間です。Twitter:@ethicalmasa

メルカリの姉妹アプリ カウルで本がめちゃくちゃ売れた

f:id:ethicalmasa:20170601142401p:plain

 

mercarikauru.com

カウル、使ってみました。

これが面白いほど売れる。

1日で10冊売れました。

はまってしまったのですが、いくつか気をつけるべきポイントを紹介します。

使い方間違っていたら、教えてくださいw

初心者なので。w

 

早速ですが、このアプリ何が面白いかって、

 

本の裏にあるバーコードをアプリでピってするだけで、その本の適正価格が出るんです。

お宝鑑定団みたいな感覚で、

「この本、いくらなのかなあ」「800円!」「お!!意外と高い!!」みたいになって、めちゃくちゃおもしろいです。w

 

それが、本の最安値、適正価格なので、その商品を誰か検索したら、

自分の本がトップに出てきます。そしたら売れますよね。

Amazonの中古の一番安いやつを買うみたいな感じです。

 

次に、何がいいかって、

新刊はほぼ100%の確率で売れるw

発売当日に買った1500円くらいの本を売ったら1300円くらいで売れます。

 

今までは、新刊って高くて、もう少し安くなってからAmazonで買おう戦略だったんですが、これだと、差額分で買えた感じで、ちょっとお得感。

まあ、売れなかったらまあまあな損失ですが、だいたい売れます。責任はとりません。

 

で、ちょっとした落とし穴なんですが、てか当たり前なんですが、

本を送るには送料がかかるわけです。

僕は基本的に楽ちんな、らくらくメルカリ便で送りますので、一冊につき195円の送料がかかります。

だから、1300円で売れたとしても1100円の利益になります。結局はその新刊を400円で買ったことになるので、まあいいっちゃいいんですが。

 

萎えたのは、昔の本とかって、300円って表示がされて、それもすこぶる売れるんですが、よくよく考えると、これ利益100円くらいにしかなりませんw

 

しかもどちらかというと、売れない可能性が高い。

手間を考えると少しユーザー体験悪いかな。

まあ、部屋からとりあえず排除したいという人や、売れた快感を覚えたい人にはいいかもしれませんが。

 

こうして、私は自分の首をどんどん自分でしめていくことになるわけです。

もし、自分が本をこれから出していくときに、

本は売れないからですw

皆本は好きなのに、本は買わずにリサイクル、結局出版社が苦しくなって、

本を出せなくなって、その中古もどんどんなくなっていく。

で、こういったアプリも潰れる。

もし、そないことになったらどうしましょ。

 

となると、電子書籍って、アカウントを共有しなければ、中古品を売買できるわけではないので、少し未来はありますね。

 

ということで、カウルを使うか使わないかはあなた次第です