どこまでもまっすぐに 田中將介(^^)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どこまでもまっすぐに 田中將介

おもしろいことは言えません。 しかし、誰かがおもしろいことを言ったことに対しては、ものすごい勢いで笑います。そんな人間です。Twitter:@ethicalmasa

黄熱病の注射を格安で打つならペルーのホルヘ・チャベス国際空港がおすすめ

 南米初上陸はペルーの首都、リマから

 

主に南米以外の大陸からの就航地になるペルー、リマ。

日本でいうと成田空港になりますね。玄関口なわけです。

 

ペルーの過ごし方と出来事諸々を書いていきます。



僕は、ロサンゼルスから飛行機を3度ほど乗り換えました

www

なぜかというと、激安航空券だったから。

いくらだと思う?

約3万円。激安チケットを上手に買っていました。

基本的に、タイ、バンコク(アジア)→スウェーデン、ストックホルム(北欧、ヨーロッパ)

までも3万円で飛行機に載っています。最高。

ストックホルムでは、かわいいかわいい室内履きブーツも購入しました。

靴をなくしたので。

その話は腹を抱えて笑えるので、また今度。

 

深夜のフライトで空港につくときに気をつけたいこと



夜中に到着しました。

ここで、絶対にするべきこと。それは、

必ずバックパッカーが集まって横たわっているスポットを探し出すこと。

皆、貧乏旅同士、仲良く、安心して寝ることができます。

 

黄熱病の注射を格安で打つなら、ペルー

 

この世で嫌いなものは?と聞かれたら、ゴミ収集車と注射です。と答えます、田中です。

 

びびって、顔背けて、半泣きしていたら、かわいくないおばちゃんが爆笑していました。

 

値段は85ソル(約2500円)。

ソルは、ペルーのお金。

おばちゃん、おつり間違えてたきがしなくもないが。

まるでサンドイッチマンのコントみたいにな!!

ちなみに、バンコクや日本よりも安いです。 

 

宿は「バックパッカーズホステル」に泊まりました。


www.booking.com

 

 

南米では、日本人宿に皆泊まります。確かに居心地もよいし、情報も入る。
けれど一方で、日本人としか交流できないため、バランスをとるべきでしょうな。

 

 

 

さて、受付けでぼーっとしていると、台湾人登場!

 

台湾くん「見たよきみ!アメリカで!女の子といたでしょ!」

 

田中「ごめん、ずっと一人だったよ」

ってことで仲良くなった。

果たして友達になりたくて、そう話かけたのか、本気で勘違いしたのかわかりませんが、詐欺師っぽい顔はしていなかったので、おっけい。

 

 

とりあえず寝ました。

荷物置き場で。(笑)

部屋の用意が遅かったのです。

 

朝起きて、翌日ペルーの都市、クスコに移動予定だったので、

その日は、一日リマを観光することにしました。

 

ミラフローレス地区という観光スポットにいくまで、おんぼろバスにのります。いやあ、こわいこわい。南米のバスは危ない。

そして、激安すぎて、げろはきそうだった。

 ねこもいっぱいいて、綺麗な公園もあるので、

一人で淋しくなければおすすめです。

 

旅の悲劇

17時発、クスコ行きのバスで、悲劇は起きた。

いや、正確に言えば、乗る前だ。

バスにバックバックごとそのまま乗り込みたかったが、係員にだめですといわれ、

仕方なく約20時間ほどかかるバスのひまつぶし用品の荷造りを始める。

 

約30分過ぎたあたりだろうか。

バスはいつ集合がかかって出発してもおかしくない状況。

 

サブバックに荷物を移す。

何かがない・・・。

 

 

パソコンがない。

 

死んだ。

 

命の次に大事なものだ。

 

いや、出るとき荷物全部チェックしたぞ・・・。

これは・・・。

 

 

確かではないが宿に確認しにいかなければいけない。どうしても今日クスコにいきたい。言葉が通じない。いろんなことが重なる。

ただ熱意を伝え、荷物も特別に持っといてもらい、宿まで走る走る。全力疾走。

高校の頃の野球部での苦しい練習より全力疾走。泣きながら。

 

パソコンはベッドと壁の間に落ちていた。二段ベッドだったため、二階から落下したということになる。開くのは怖いので、それは後にして、まずはバス停に走る、


セーフ。
間に合った。

ほぼ放心状態、せっかく宿でシャワーを浴びたのにこの汗だく。

それでも予定通りにクスコに向かうことができた。

 

パソコンも無事でした。

 

www.booking.com

 

masayukitanaka.org