どこまでもまっすぐに 田中將介(^^)

ethical journalism magazine 

おもしろいことは言えません。 しかし、誰かがおもしろいことを言ったことに対しては、ものすごい勢いで笑います。そんな人間です。Twitter:@ethicalmasa

スペインのバルセロナに世界一安いライアンエアーで向かった結果

ハンガリーのブダペストから、スペイン、バルセロナへのフライトで、世界一安く、世界一恐れられているライアンエアーで向かいました。
 
1万円きりました。
 
アイルランドのLCCみたいですよ。
 
 
 
 
 
結果・・・ 
 
あっさり突破。(笑)
 
基本的に、荷物が少しでも超過したら、異常なまでの金額を取られます。そういうビジネスモデルなんです。
なので、私がとった作戦はというと・・・。
 
シャツ、ジャケット全てを羽織る(計7枚くらい)
スボン4枚履き(チャック全く閉まらず)
靴下5枚履き(靴履けず)
 
 
バックパックがすかすかになりつつ、私服着てませんよ?という顔で、チェックイン!
搭乗成功。
 
 
 
ということで、簡単にバルセロナを紹介しましょう。本当にすきな街でした。
ちなみに、パエリアは、2人前からの量しかありません。
普通に頼んだら超でかいパエリア出てきた。でも全部食べれた。美味しすぎて泣いた。
 
 
 
 
 
 


有名なマーケット。

 
 

 

卵の専門店があり、うさぎが血を流してさかさになっていたり。

 

 

 

 
サグラダファミリアさん。お金結構とります。
まだまだ修築中。実はここにはいろんなガウディさんのエピソードがあるから、調べてみてね。
 

 

 
 
バルセロナの最も褒めポイントは、
都会の雰囲気もあれば、すぐ歩くと海もあるところ。移動もしやすい。
気候もおだやか。
 
 
 
さて、ついにロサンゼルスに飛びます!
 
アメリカの厳しい入国審査を知らずにうきうきしていました。
 
ここだけの話、帰りのチケットがないと、アメリカは入れないらしいですよ・・・
 
 
 

Booking.com