どこまでもまっすぐに 田中將介(^^)

ethical journalism magazine 

おもしろいことは言えません。 しかし、誰かがおもしろいことを言ったことに対しては、ものすごい勢いで笑います。そんな人間です。Twitter:@ethicalmasa

小池劇場 自民VS希望 民進解党?の政局で可視化される「だせえ」人たち

安全地帯からボールを投げ込む人の多さに辟易としている。

 

実際何が起きているかなど、わかっているはずもない人たちが、

新聞やネットニュース、「評論家」の意見を受け売りにして、印象批評をしている。

だせえ。

 

自分のブログのアクセスをのばすため、「いかにも政局を知っていますよ?」

という自分のブランディングのため。

だせえ。

 

何のリスクもとらず、自分の思いたい、着地させたい方向に、あたかも自分の声ではないかのように、「国民は」という主語を使って自分の意見を代弁させている。

雑誌でいう、「関係者によると」状態だ。

 

 

続けて、民進党。

僕は、民進党の人たちの声や表情を見ていると、なんだか「ホッ」としているように感じる。

自分からは恐くて、「民進党抜ける!」って言えない。どこか決断ができず、離党しないまま、なんとなく党にいる。離党したら、「あいつは裏切り者だ!」というレッテルを貼られるから。

 

そんなリスクをとらずに、希望の党に入ることができた。「ホッ」。

だせえ。

 

「民進党を離党する!」と関係各所との調整をして、抜けた人がばかみたいじゃないか。僕はそちらを評価する。かっこいい。

国会議員という席を獲りたい!と思うのは、人間として当たり前なんだから、

外野が「いかに国会議員が席を獲るために右往左往している姿がみっともない」

というが、そっちのほうがみっともない。

自分が議員だった場合、勝ちたいのは当然だ。

 

ださいのは、何度も言うが、周りの評価を恐れて自ら決断できず、

結果的に「俺は別に行きたくなかったんだけど・・・」と漏らしながら、

内心ホッとしているような国会議員だ。

こんな人が、リーダーとして決断できるわけがない。

要チェックだ。

 

続けて、「アベ政治を倒すためには」と言っている人。

論外。

おそらくそういう人たちも、「安倍政権が終わったあと、こうすればいい」という

考えは少しはあるのだろうが、

安倍政権を倒すことが目的と化していて、

結局それが「どう国民のためになるのか」ということを一切考えてないただの自己中。

こういう人たちこそ、退場してもらいたい。

もちろん政権交代をすることは大事だ。

しかし、協力できることは協力すればいいじゃないか。

権力闘争は大事だが、議論をよりよくするためのものだ。

 

「安倍政権は退場」という思考がアブない。

他人が何を言っても受付けないタイプの人間だ。

自分が権力をもったら乱用するタイプだ。

だせえ。

 

最後に。

週刊文春の新谷さんがいいことを言ってた。

「政局の人間と政策の人間が、きちっと組むことが1番いい」

人間なんて役割分担だ。

小池さんの政策にぶーぶー言う人が多すぎ。彼女は政局の人間なのだ。

その上で、きちっとした政策の人間と組むことが大事なのだ。

小池都知事が都政に何をした?という人がださすぎる。

いろいろやってるよ。あなたたちが知らないだけなのに、

自分の主張に色を添えるために、都合のいいように「知事は仕事をしていない」という。しかも1年でそんな目に見えるようなことなどできるわけあるか。

だせえ。

別に小池新党を応援しているわけじゃないけどな。(笑)

 

 

 

 

「時言」カンボジアの危機

【共同】カンボジアの民主主義が危機にひんしている。
 
最大野党カンボジア救国党のケム・ソカ党首が国家反逆罪に問われて逮捕、訴追された。有力な英字紙が法外な税金の支払いを求められて廃刊となり、米政府系放送局「ラジオ自由アジア」は首都プノンペンの支局の閉鎖を決めた。
 
いずれも来年の総選挙をにらんで、フン・セン首相(66)がなりふり構わない批判封じを図った結果とみられている。
 
フン・セン氏は内戦中の1985年に親ベトナム政権の首相に就任して以降、政体が変わっても一貫して権力の座にある。世界有数の長期政権だが、強権的な政治手法や腐敗体質が内外で批判を浴びており、4年前の前回総選挙と今年6月の地方選で、続けて野党の救国党の躍進を許した。
 
野党党首の訴追についてフン・セン氏は「自国民の反逆という痛ましい事態を見た。私は少なくとも10年は仕事を続けなければならないと決めた」と言っているという。
 
長年のカンボジア内戦を終わらせたのは、国連平和維持活動(PKO)の下で実施された93年総選挙だった。同年に報道の自由の確立を支援するため、昭和天皇の単独インタビューで知られる米ニューズウィーク誌元東京支局長バーナード・クリッシャー氏が、英字紙カンボジア・デーリーを創刊した。
 
同紙は腐敗や人権侵害を追及し、知識層の信頼を集めていたが、8月に突然、約7億円相当の税金の支払いを求められ、廃刊に追い込まれた。
 
93年総選挙の際は国連ボランティア中田厚仁さんと文民警察官高田晴行さんが殺害された。各国が大きな犠牲を払って誕生させた新生カンボジアの民主主義が、約四半世紀を経て失われる事態を、国際社会は許してはならない。(淳)

せめて、2020までは生きていたいと思う

この1年をふと振り返ってみると、

とにかく孤独という言葉がぴったりきた。

 

もちろん、多くの人に支えられ、多くの人に助けられた。

 

けれど、一人の時間を意識的になのか、無意識的になのか、

気がつけば、友人たちに会うことはほとんどなかった。

 

昼も夜も予定なんてほとんどなかった。

 

自分のことを話すのもどんどん苦手になってきた。

それは、結果を出してないから、作品を出してないから、

意地でも、結果を出してから、どかんと報告したかった。

PVよりも信頼を。

どこかでひろった言葉だけれど、心に刺さった。

僕は、この一年間、とにかく信頼となる、実績となる、カタチに見えるものを残すことをとにかく求め続けた。

 

その結果、自分一人では何も生きて行けず、甘い人生だったと思う。

それでも、納得できた1年だった。

人間は誰しも、自分の人生を振り返り、いい1年だった。いい人生だった。この選択をしてよかった。と思い込む生き物であるから、

あ〜よかった〜、なんて口が裂けてもいいたくない。

だって、それは思考停止して、自分に言い聞かせているだけの甘々な人生でしか無いから。

 

激しく後悔し、後悔し、後悔し続けることのできる人間でいたいと思う。

 

正直、まだ1つも納得行く結果を出せていない。

常にSNSを見て、怒りを必死でこらえていた。

見てろ、と。

数々のばかにされてきた人たちを、見返してやりたいという、

負の感情がメインではないけれど、

ときにそうして、見てろよ。できるんだぞ。と自分を奮いたたせる。

 

思考が先行して、こいつだせえな、甘いな、なんでこんなことするの、

と、人を批判しまくって、結局結果を出せない自分にいらいらする。

そういう批判対象の人たちには、いまだイライラする。この世の中、腹が立つ人間ばかりだ。

こんな世の中に生きているのも激しく嫌だ。

嫌で嫌で仕方ないけど、たまに、あ、よかった。って思う。

 

小さなことに、とてつもない感謝の念が溢れ出し、涙しそうになる。

 

今年もあと3ヶ月になる。

うーん、僕は、ずっとこのままでいくのだろうか。

このままで生きたいのだろうか。

せめて、2020までは生きていたいと思う。(笑)

 

新しいリーダーシップ研修がここにある。形だけのマインドフルネスはやめよう

新しいリーダーシップ研修がここにある

 
アメリカのシアトルで、本場のマインドフルネスを学べる機会を紹介します。
下記のプログラムです。
 

f:id:ethicalmasa:20170404082622j:plain

ALiA Leadership Programとは何か-
時代の流れに沿い、凄まじい変化を遂げる今日の社会は、既存の解決策の延長線上では対応しきれない程にその複雑さを増してきている。そのような中、働く人々の胸には「もっと速く、もっと長く」働かなくてはという衝動が過る。しかし、本当に必要なことはむしろ、一歩足を引き視界を広げ、物事の本質を深く探ることである。そして新たな物の見方、新たなアクションを探っていくことが現在(いま)、求められているのだ。

今日のリーダー、ビジネス、組織、そしてコミュニティーが、様々な「シフト」の時期に直面している。
・改善、改良していくはたらき方から、問題を根本から見直し新しい価値、新しい解決策を生み出すはたらき方へ
・支配(統治)型リーダーシップから、個々が主体的に動けるよう"エンパワー"するリーダーシップへ
・受け身の組織文化を抜け出し、1つの目的が共有され、全ての人がそれぞれに成長できる組織の環境づくりへ
これらのシフトに一生懸命に取り組んだとしても、実際に物事を動かしていくためには確かなスキルと、訓練と、そして指導が必要だ。ALiA Leadership プログラムは、個々人が、それぞれにとっての"次のフェーズ"へ進む旅に必要な、豊富な"リソース"と"繋がり"の集う場所である。

 

 
 
社会がますます複雑化し変化のスピードを増していく中で、
-"社会"と"自分"を一つのアートとして可視化し(visualize)
-身の回りで起こっている出来事を肌で感じ(feeling)
-その先に自然と生まれるリーダーシップを探検する(Exploring)
それが、世界でたった一つの、ALiAの提供する新しいリーダーシップ研修です。ここでしか体験できない時間を求めて、参加者はアメリカだけでなくヨーロッパ、アジア、アフリカと世界各国から集まり、経営者、官僚、社会活動家、教師、アーティストと活動分野も様々です。また、毎年その約半分をリピーターの参加者が占めており、新たな参加者とALiAの歴史を共有し合いながら、全員が新しい気持ちで、毎年発展を遂げる新しいセッションを通じ、学びを深め合います。

 

 
Authentic   (自分本来の)
Leadership  (リーダーシップを)
in Action  (アクションを通じて体験する
という意味から成り、カナダのハリファックスで2001年に発足しました。
"in Action"という言葉にあるように、"講義"だけでもなく、"対話"だけでもなく、"アクション" =身体を使ったムーブメント(ダンス)、ペアワーク、カリグラフィー、メディティション、粘土や物を使ったワーク、、、等を中心に自分自身のリーダーシップの在り方を探検し、体得をしていくのがALiAの大きな特徴です。

 

私がシアトルに来た理由は2つあって、

1つは、このプログラムに参加すること、そしてリトリートするためです。

簡単に言えば、日頃の生活から一歩離れて自分を見つめ直す機会をつくるというわけです。そうすると自然とやるべきことが明確になります。

 

日頃仕事で忙しくしている人が、海外にきて、ずっと寝ている。

ってことがあって、

しかもその人はそれで満足する。

こういったたまーにする内省の時間が大事。


普段、流れていくような毎日の時間をストップして、心に余裕を持ち、
自分の価値を生み出す、考えることにフォーカスする。

 

 

プログラム内容


プログラムの内容なんですが、タイトルにもある通り、リーダーシップを、アクション(行動)から見出す。リーダーシップって、常に誰かを引っ張る必要なんてないんですね。自分自身をリードする。つまり誰しもができて、誰しもに必要なものなんです。

 

なので、「コトバにできません」+「コトバにしようとしていません」


「見えない部分」を引き出す。これはスピリチュアルであり、理解されないことも多いんですが、最近は流行っていますよね。


ここに詳細が書いてあるんですが、

Schedule

 

とにかく、様々な角度から、アートに触れ、行動にうつします。

 

こんなに自分を見つめ直すことってないんじゃないかと。

 

環境にも最高にこだわっていて、とにかく好きなもの、おいしいものが集まり、すると、周りの人も皆最高にハッピーになる。

 

このコミュニティは、皆が心のコップが上向きになっている状態なんですね。

 

詳細知りたい方いましたら、ご一報下さいませ!

 

マインドフルネスについて詳しく知りたい人へのオススメ書籍紹介しておきます。

最近の流行で出てきた本ではないです。

 

 

twitter.com